フランツ・ヨーゼフ・ハイドン


1732年オーストリア生まれ。1809年没。 「古典派」に属する。

多くの交響曲と弦楽四重奏曲を作曲したから、「交響曲の父」「弦楽四重奏曲の父」と呼ばれることも。

 

代表曲:

弦楽四重奏曲 第77番「皇帝」》

交響曲 第94番「驚愕」》

(写真引用先: Wikipedia 「ハイドン」(加工済))


【生没年に関して】

実はハイドンが亡くなったのは、メンデルスゾーンが生まれた年。とても長生きさん!

 

【彼が生きた時代は…】

1760年前後は、江戸時代中期。

うなぎ屋さん、蕎麦屋さん、和食店にて、たれ、そばつゆ、煮汁などにみりんが使われるようになった頃(「みりん」note記事はこちら)

 

カントやユベール・ロベールと年が近い