ヨハン・セバスティアン・バッハ


1685ドイツ生まれ。1750年没。「バロック音楽」に属する。

「音楽の父」とも呼ばれる、西洋音楽の礎を築いた人物。彼の作品は"BWV"番号で整理されている(Bach Werke Verzeichnisの略)

 

代表作:

《平均律クラヴィーア曲集》

《マタイ受難曲》

(写真引用先: Wikipedia 「バッハ」(加工済))


【バッハと、バッハの息子たち】

彼は二人の妻の間に20人の子供をもうけました(そのうち成人したのは半分弱だと言われています)。
子供たちは、ほぼほぼ全員が音楽の才能をもっていたといわれていますが、その中でも最たる才能を示した4人の息子が「バッハの息子たち」と称されています。

 

「バッハの息子たち」と大バッハ、そして2人の奥さんの関係図がこちら↓

 

 

バッハ、モーツァルト、ウェーバー一族の家系図のつながりはnote記事(こちら)をご覧ください。